名刺作成と文字サイズについて

名刺を作成するに当たって文字サイズはかなり重要な要素となっており、デザインと同じくらい大事だと説明できます。

 

どんなに綺麗なテンプレートでインパクトを与えられたとしても、文字サイズが適していなければ相手は違和感を感じてしまうのです。

 

4ポイント程度の文字サイズであれば潰れずに印刷できるものの非常に読みにくいですし、6ポイント程度でもお年寄りや目の不自由な方は読みにくいかもしれません。

 

そのため、11ポイント程度の大きさはあった方が良いですし、色々な情報を小さな名刺の中に詰め込もうとしてサイズが小さくなってしまっては全く意味がないのです。

 

また、名刺を作成するに当たって名前だけではなく、住所や電話番号、会社名や役職名といった内容を記載しなければならず、その内容によって文字サイズを変えると見やすい名刺が出来上がります。

 

例えば、名刺で最も大事な内容は自分の名前なので、比較的大きめのサイズで記載し、電話番号や住所はそこまで重要な要素ではないということで小さめの文字サイズを活用していくのです。

 

全ての内容が同じ文字サイズですと相手はどこに目をやって良いのか分からなくなってしまうので、文字の大きさにちょっとだけ気を配るようにすれば美しい名刺を作成できるのではないでしょうか。

 

当サイトでご紹介しているVistaprint(ビスタプリント)では、オンライン上でテンプレートを選んで文字を入力する形となっております。

 

文字の大きさやフォントは自分で構成していかなければならないため、お手本に従って見やすい名刺を作り、Vistaprint(ビスタプリント)に印刷をお願いしてみてください。

 

>>> Vistaprint(ビスタプリント)の詳細はこちら

 

さて、読みやすい名刺を作成するには文字の大きさだけではなく、文字間の調整も行う必要があります。

 

ギュウギュウに文字を詰め込みすぎればサイズが大きくても読みにくいですし、一定の幅を空けてみたり、記載する内容によってフォントを変えてみたりと色々と試してみるべきです。

 

名刺印刷業者を利用するにしても、ワードといったソフトを利用するにしても、何度も自分で調整していくことはできます。

 

自分にとってベストだと思う仕上がりになったのであれば、業者に依頼して必要な枚数だけ注文するのが良いかもしれません。

 

自宅でプリンタを使って作成していくのであれば、用紙が勿体無いとしても幾つものパターンを用意して印刷を行い、実際に自分の目で確かめれば最高の出来栄えの名刺を作れるはずです。


「自作・手作りで名刺を作成」に関するページ