名刺作成キットについて

通販で販売されている名刺作成キットを使用して、自宅でパソコンとプリンタを使い、ビジネス用の名刺を手に入れているという方はいらっしゃいます。

 

基本的に名刺作成キットは専用の用紙のことを指しており、自宅でプリントアウトする際に欠かせないアイテムなのです。

 

イラストレーターやワードを使って名刺を作成しても、それを印刷してカットしなければ意味がありません。

 

通常のコピー用紙ではヒラヒラとし過ぎていて名刺の利用には適しておりませんし、相手の手元に残るものなので強靭な用紙を使用する必要があります。

 

その作成キットは通販で様々な種類が販売されており、A-oneのマルチカードやエレコムのチケット用紙(スーパーファイン紙)、サンワサプライのマルチ名刺カード(白)といった製品が有名です。

 

印刷業者にデータ入稿して印刷だけお願いすることはできますが、少しでもコストを削減したいのであればこのような作成キットを購入して自宅でプリントアウトし、オリジナルの名刺を作るのが良いのではないでしょうか。

 

デザインの構築が好きな方は、無料ソフトを使ってアレンジしていくことだけでも楽しさを覚えるはずです。

 

どの作成キットも数百円といった格安の料金で販売されているため、自宅で名刺を作ればコストの削減に繋がります。

 

しかし、見た目のイメージを大事にするのであれば業者に依頼して印刷してもらった方が圧倒的に良いので、作成キットではなくVistaprint(ビスタプリント)の利用がおすすめです。

 

世界で最も愛されている業者ですし、名刺だけではなくハガキやポスターの印刷も行ってくれるので、Vistaprint(ビスタプリント)の公式サイトでその詳細を確かめてみてください。

 

>>> Vistaprint(ビスタプリント)の詳細はこちら

 

さて、有限会社ドリームズから販売されているのが「らくらく名刺作成キット」で、たくさんの名刺を作れるソフトとなっております。

 

既に販売が終了してしまったソフトなのですが、「らくらく名刺作成キット」を使用することで142点のテンプレートからデザインを選び、自由にアレンジすることができました。

 

簡単な操作でらくらく印刷できる点が非常に優れておりましたし、「ベーシック」「カジュアル」「モダン和風」と3種類の製品が用意されているところがメリットかもしれません。

 

今後も他のメーカーからこのような名刺作成キットが販売されるかもしれないので、自宅で名刺を作成したい方をサポートしてくれるはずです。


「自作・手作りで名刺を作成」に関するページ