自作・手作りで名刺を作成しよう

自作・手作りの名刺を作成している方は意外と多く、コスト削減が大きな目的かもしれません。

 

デザインを外注すればその費用がかかりますし、印刷業者に依頼しても100枚当たり2,000円といった費用が必要で、場合によってはもっと高いこともあります。

 

毎日のように名刺交換を行うサラリーマンの方であれば100枚なんて直ぐになくなってしまうので、費用を抑えるために自作の名刺を使用しているというわけです。

 

手作りの名刺でも意外と凝ったものを作ることはできますし、パソコンの中に入っているワードや無料ソフトの「ラベル屋さん」を使うことで作成できます。

 

自作の名刺が出来上がったら後は専用の用紙を購入し、プリンタを使って印刷するだけなので好きな枚数だけ刷れるというわけです。

 

個人がお持ちのプリンタと、業者で採用されているプリンタの大きな違いは印刷スピードで、クオリティに関しては天と地の差があるわけではありません。

 

シンプルな名刺で良いのであればワードを使って作成することができますし、どのような方法で手作りの名刺が出来上がるのか他のページで詳しく説明しているのでチェックしてみるべきです。

 

一から自作で名刺を作るのが面倒だという男性の方はいらっしゃいますし、ただでさえお仕事で忙しいのに自作の名刺の作成に時間をかけるわけにはいかないので、当サイトでご紹介しているVistaprint(ビスタプリント)をおすすめします。

 

Vistaprint(ビスタプリント)上でテンプレートを選んで文字の入力を行い、必要な枚数を注文するだけで印刷された綺麗な名刺が自宅へと届けられますし、現在では100枚で990円のキャンペーンが実施されているので利用してみてください。

 

>>> Vistaprint(ビスタプリント)の詳細はこちら

 

さて、自作の名刺で意外と大事なポイントはプリンタによる印刷ではなく、印刷した用紙のカットなのではないでしょうか。

 

あらかじめ名刺のサイズにカットされた用紙を使用して印刷するのではなく、A4といったサイズの専用の用紙に手作りの名刺を印刷し、その後にカットしなければならないのです。

 

電動名刺カッターさえあれば綺麗にカットできるものの、カッターナイフでカットしようとすれば多少のズレが生じます。

 

慎重にカットしようとすればするほど長い時間がかかりますし、微妙にズレて違和感が生じることもあるので、手作りの名刺は手間がかかるということを心得ておくべきです。

 

無料ソフトを使って自分好みに名刺をアレンジしていくのが楽しかったとしても、その後の用紙選びやカットで嫌になってしまうかもしれません。

 

名刺屋さんや印刷会社さんであれば自作の名刺よりも高い費用がかかりますが、本当に欲しかった名刺を手に入れられるかもしれないので、公式サイトを閲覧してみてください。


「自作・手作りで名刺を作成」に関するページ