名刺デザインとロゴ入りについて

会社のロゴ入り名刺やQRコード入りの名刺を作成しようとしている方は意外と多く、特徴的なデザインの名刺が好かれる傾向にあります。

 

確かに、名前や住所、会社名や役職名といった内容しか記載されていない名刺であれば、どんなにフォントを奇抜なものにしても相手に与える印象は薄くなるはずです。

 

パっと見てどのようなお仕事をされている人なのか分かりづらいですし、自分のことが相手に伝わらなければ名刺交換の意味がないということで、会社のロゴ入りの名刺デザインが人気を得ております。

 

会社の肝とも言えるロゴが入っていればどのような会社に勤めているのか分かりやすいですし、シンプルな名刺を華やかな印象にできるのです。

 

個人事業主の方で自分の事業のロゴマークがないのならばロゴ入り名刺は作ることができませんが、大きな会社に属している人間であればインパクトを与えるためにも大事なことなのではないでしょうか。

 

どの印刷業者に依頼するにしても、デジタルデータをお持ちであればロゴデザインを入稿して、サンプルにロゴがある場合はその位置に表示されます。

 

選択したテンプレートがロゴ入りではない場合は、自分が指定した位置に会社のロゴを入れた名刺を作成できるというわけです。

 

当サイトでご紹介しているVistaprint(ビスタプリント)でもデータ入稿は可能で、会社のロゴ入りの名刺を印刷することができます。

 

既存のテンプレートでもロゴを加えるだけで独自性を増すことができますし、Vistaprint(ビスタプリント)は格安の料金で作成してくれるので是非一度利用してみてください。

 

>>> Vistaprint(ビスタプリント)の詳細はこちら

 

さて、会社のロゴマークをデジタルデータでお持ちでないという方は、業者にデータ入稿するのではなく印刷物を郵送することで、名刺デザインを行うことができます。

 

デジタルデータを入稿する場合と比べてスキャニングやトレースを行わなければならないため、どの業者でも追加費用が発生してしまうかもしれません。

 

とは言え、オリジナルデザインの名刺を作成してもらいたいのであれば仕方のない出費ですし、色々な人の手に渡る名刺だからこそ拘りを持った方が良いのです。

 

また、ロゴマークをデジタルデータで持っていても、画像が粗くて綺麗に表示されていないという場合も、Illustratorといったソフトで一つ一つのパーツをなぞって再作成していくトレース処置を行った方が良いでしょう。

 

業者によってその費用は大きく異なるということで、公式サイトにアクセスしてみたりカスタマーサポートで尋ねてみたりするべきです。


「名刺デザインの方法」に関するページ