名刺デザインと型抜きについて

「もっと独特の雰囲気をかもし出すようなデザインの名刺を作成したい」という方には、型抜き名刺(トムソン加工)が非常に適しております。

 

型抜き名刺は通常の長方形ではなく特殊な形状の名刺のことを指しており、一部分に穴をあけることで大きなインパクトを与えられるのです。

 

例えば、CDショップで働いているのであれば中心に穴があいたCDの形をした名刺を作ってみたり、名前の部分を型抜きして強調してみたりと、様々な活用方法があります。

 

自宅で作成して印刷するのは大変かもしれませんが、型抜き名刺を取り扱っている業者は意外と多いですし、お好みのデザインの名刺を手に入れられるかもしれません。

 

会社員の方にとっては型抜き名刺は必要ないものの、自分のお店をもっと宣伝したいという方は型抜き加工を施したショップカードを作るのは一つの選択肢となっております。

 

名刺は相手に自分の名前を覚えてもらうツールの一つで、毎日たくさんの人と会って仕事をしているような方は一度の名刺交換だけでは自分の名前を覚えてもらえない可能性があるのです。

 

そんな時に、型抜き加工といった特殊な名刺を使用すればインパクトを与えられますし、相手に覚えてもらえる確率は絶対に高まります。

 

型抜き加工を施す位置は会社のロゴマークが適切で、アルファベットを引き立たせるために穴をあければオシャレでインパクトの強い名刺デザインが出来上がるのではないでしょうか。

 

名前や住所、電話番号といった全ての文字を型抜きしてもただ見にくくなるだけですし、自分の情報を相手に覚えてもらわなければ名刺交換を行う意味がないのです。

 

そのような意味では、一番インパクトを与えたい会社のロゴの形を型抜きでくり抜くという方法がベストで、どのような会社で働いているのか相手に的確に伝えることができます。

 

型抜き名刺の専門店としては「型抜き印刷ドットコム」が有名で、どんな形のデザインでも型抜き加工を施してくれますし、1枚でも100枚でも自分のお好みに合わせて注文できるのです。

 

名刺だけではなく、ポストカードやステッカーの作成の際にも「型抜き印刷ドットコム」を利用している方は多く、自分が求めている仕上がりになることは間違いありません。

 

他にも、「メイシスト」や「DECO CARD」、「フィオーレグロス名刺」といった業者では型抜き加工が取り入れられており、印象的なデザインの名刺を作ってみるべきです。

 

残念ながら当サイトでご紹介しているVistaprint(ビスタプリント)では、型抜き加工は採用されておりませんが、代わりに特殊な加工の両面光沢仕上げが取り入れられております。

 

名刺に光沢感を出すことで強いインパクトを与えられるので、Vistaprint(ビスタプリント)で名刺を作成する際は利用してみてください。


「名刺デザインの方法」に関するページ