名刺デザインと字体について

名刺のデザインはテンプレートやレイアウトだけではなく、字体も重要な要素の一つとなっております。

 

世の中には数え切れないくらいの字体があり、どのフォントを利用するかによって名刺から伝わるイメージが大きく変わるのです。

 

自分の職業や仕事内容にできる限り合った字体で名前や住所といった個人情報を記載することにより、シンプルなデザインでもインパクトを与えられるのではないでしょうか。

 

字体の種類や文字の大きさに気を配るだけでも全く異なる印象となりますし、少しでも素敵な名刺を作成したいのであれば欠かせないポイントだと説明できます。

 

また、字体の種類によっては同じptでも大きさが異なって見えるので、実際に確認してみて文字間の調整も行うべきです。

 

どのような字体を使って名刺デザインを行えば良いのか分からないという方は、下記で代表的な書体をご説明しているので参考にしてみてください。

 

  • 明朝体・・・明朝体は新聞や雑誌といった印刷物で使われることの多い自体で、「読みやすい」「分かりやすい」「少し堅い」という印象がある。
  • 楷書体・・・筆ペンで書かれたような字体が楷書体で、「伝統的」「正統派」「保守的」「和風らしい」という印象を与えられる。
  • ポップ体・・・遊び心を感じさせられるようなデザインの字体がポップ体で、プライベート用の名刺やショップの名刺として適している。
  • ゴシック体・・・力強い印象を与えるのがゴシック体の特徴で、新聞の見出し部分などに活用されている。

 

上記でご説明した4種類の字体が代表的ですが、もっとたくさんの種類が存在しますし、英語表記の場合は「Century」や「Garamond」といった字体が定番となっております。

 

それに、一口にゴシック体と言っても、角が角ばっている角ゴシック体と角が丸くなって優しい印象を与える丸ゴシック体の2種類に分けられ、同じ字体でもイメージには大きな違いが生じているのです。

 

どの字体が自分の職業や会社と合っているのか明確な決まりはないため、フォントの選び方はセンスが大事かもしれません。

 

絶対に名刺デザインで選んではいけないフォントは存在しないものの、ビジネスマンが名刺の字体でポップ体を使用するのは不適切なので注意が必要です。

 

このサイトでご紹介しているVistaprint(ビスタプリント)では、デザインを選択してから自分の好きな字体を使用して名刺をアレンジしていくことができます。

 

どのような字体が合っているのか実際に文字を入力して確かめられるので、ビジネスで使う名刺もプライベートで使う名刺もVistaprint(ビスタプリント)で作成し、印刷してもらってください。

 

>>> Vistaprint(ビスタプリント)の詳細はこちら

 


「名刺デザインの方法」に関するページ