名刺デザインと印刷について

自宅でワードや無料ソフトを活用して名刺デザインを行ったとしても、印刷できなければ意味がないのでプリンタを使用する必要があります。

 

現在では電子名刺といったものが流行っておりますが、基本的に紙素材で構成された名刺を交換するのが一般的ですし、会社員であれば自分がどのような人間なのか初対面の人に伝えなければならないので絶対に持っているはずです。

 

名刺の印刷のためにわざわざプリンタを購入するのであれば、名刺デザインの印刷を行っている業者に依頼した方が良いかもしれません。

 

どの業者でも様々なデザインのテンプレートが取り入れられており、その中からお好きなものを選んで作成を行い、印刷まで全てを行ってくれます。

 

インターネットを使って注文すれば自宅に発送されるまで待つだけですし、面倒な作業が一切必要ないというところが大きなメリットなのではないでしょうか。

 

しかも、多くの印刷業者では名刺の作成だけではなく、ポイントカードやカレンダーといった印刷物も対応可能で、特殊な素材を利用してオリジナリティを増すことも十分にできます。

 

数ある名刺印刷業者の中でも人気を得ているのが当サイトでご紹介しているVistaprint(ビスタプリント)で、プレミアム名刺やポストカードの作成が可能です。

 

注文が完了してから最短で3営業日でお届けが可能ですし、豊富なデザインの名刺を作成し印刷まで行ってくれるので、是非Vistaprint(ビスタプリント)を利用してみてください。

 

>>> Vistaprint(ビスタプリント)の詳細はこちら

 

さて、名刺デザインをするに当たって印刷は欠かせない存在で、業者によって異なる方式が採用されております。

 

印刷種類の方法によって仕上がりに大きな差が生じるというわけではありませんが、長所と短所と両方を兼ね備えているのでどちらも把握しておかなければならないのです。

 

自分が利用としている名刺作成業者がどのような印刷方式を取り入れているのか、下記を見てチェックしてみましょう。

 

 

活版印刷

現在ではあまり見かけないものの、鉛を使って出来た文字を一つずつ拾い組み合わせてインキをのせて刷っていきます。

 

PCと活字に代わる印刷機の登場によって活版印刷は絶滅するのではないかと言われておりましたが、仕上がった時の凸凹感がクリエイターの間で見直されてから、感性豊かな方に支持されるようになりました。

 

無くしてしまうにはあまりにも勿体無い温もりがあるということで、名刺の作成の際に利用している業者は存在します。

 

 

オフセット

印刷の王道と言われているのがオフセットで、確かな品質を持ち合わせているということで、取り入れている業者はかなり多いはずです。

 

印刷の品質が高いだけではなくスピードも速いという特徴を持ち合わせており、共通のテンプレートで大量の名刺を印刷する際にはオフセットが適しております。

 

ただし、あまりにも分厚い用紙は不得意で、オフセットとは別の印刷方式を取り入れているという名刺作成業者も少なくありません。

 

 

オンデマンド

レーザーを使用した業務用高級機がオンデマンドで、オフセットと比べて少量印刷に対応できるという点が優れております。

 

熱を使ってトナーを定着させて印刷していく方式となっており、デジタルデータを直接出力する機械を使用していくのです。

 

オフセットと比べて少々品質が低下しやすいと言われているものの、速く安く仕上げるにはオンデマンド印刷が実に適しております。

 

ただし、熱を加えることで用紙のカールといった問題が発生するかもしれないので、名刺作成業者の選び方が大事なのではないでしょうか。

 

 

レーザー

オンデマンド印刷と比べてプリンタ本体の価格が安く、導入が容易ということでレーザー印刷を取り入れている名刺作成業者は徐々に増えております。

 

レーザーを感光に利用する印刷機は名刺の作成にも使われており、高品質な名刺を作成したいという方におすすめです。


「名刺デザインの方法」に関するページ