名刺デザインと筆文字について

手書き独自の美しさを持った筆文字で名刺デザインをしたいと考えている方は多く、職業によってはピッタリと合うはずです。

 

自分のイメージと名刺のデザインのイメージをできる限り結び付けることが大事で、どのような職業の仕事に就いているのか明確にした名刺を作成すると良い印象を与えられます。

 

日本古風の着物屋さんで働いているのであれば、人とは異なるオリジナリティーを出すためにも、名前の部分を筆文字で表記した方が良いというわけです。

 

「筆文字名刺は年齢層が高い方が使用するものではないのか」という疑問を抱えている方がいらっしゃいますが、決してそんなことはありません。

 

現在では若者でも筆文字表記の名刺を使っているケースが多く、オリジナルのデザインを施すことによってインパクトを大きくしようと試みております。

 

一般的なフォントで名前を名刺に表記するよりも、筆文字表記の方がかっこいいデザインになるかもしれないので、試してみる価値は十分にあるはずです。

 

和風名刺を取り扱っている業者では、幾つもの種類のテンプレートが取り揃えられているはずですし、筆文字表記にも様々なパターンがあるので実際に目で見て確かめた方が良いでしょう。

 

当サイトでご紹介しているVistaprint(ビスタプリント)でも和風のデザインは用意されておりますし、オンライン上で自由に作成でき筆文字の使用も十分に可能となっております。

 

安い費用で自分だけのビジネス名刺やプライベート名刺を作成できるということで、是非Vistaprint(ビスタプリント)を利用してみてください。

 

>>> Vistaprint(ビスタプリント)の詳細はこちら

 

さて、筆文字に限った話ではありませんが、名刺のデザインを少し工夫することで相手が自分に対して受けるイメージは大きく異なるはずです。

 

自分の職業と掛け離れたようなデザインのテンプレートを採用している場合は、逆効果かもしれないのでテンプレートの選び方には十分に注意しなければなりません。

 

それでも、インパクトの強い名刺を持っているだけで、交換した際に会話が生まれるかもしれませんし、ビジネスに少なからず繋がる可能性があります。

 

少ないチャンスを生かした方がこの世で成功できるため、ビジネスチャンスを逃さないためにも名刺の作成一つでも気を配った方が良いというわけです。

 

業者によって異なるものの、筆文字で名刺を作成したいのであれば、写真かスキャンしたデータを入稿しましょう。


「名刺デザインの方法」に関するページ