名刺デザインと二つ折りについて

通常の名刺ではなくもっとインパクトを与えたいという方は、91mm×55mmの長方形の名刺ではなく、二つ折りのデザインをおすすめします。

 

実際に二つ折りできるデザインの名刺を使っているビジネスマンは多く、3つ折りや4つ折り加工を施せるような業者も現在ではあるのです。

 

通常の名刺と比べて2倍の情報量を盛り込める点と相手に強い印象を与えられる点の2つが二つ折り名刺のメリットで、多くの業者でこの特殊な加工が取り入れられております。

 

通常サイズの名刺ではスペースに限りがあるため、名前や会社名、住所や電話番号、メールアドレスといった最低限の個人情報しか載せることができません。

 

両面を使用した名刺デザインも人気があるものの、それでもスペースは限られてきますし、狭い範囲に文字を詰め込めばゴチャゴチャとして本当に伝えたいことが相手に伝わらない可能性があります。

 

その点、二つ折りデザインの名刺であれば、会社の簡単な説明やおすすめの商品の紹介、そして自己PRやキャッチフレーズといったように色々な内容を盛り込むことができるのです。

 

店舗のポイントカードのような第一印象を受けるかもしれませんが、受け取られた方は絶対に印象に残るはずなので強力なビジネスアイテムとして人気が高いのではないでしょうか。

 

当サイトでご紹介しているVistaprint(ビスタプリント)でも二つ折りデザインの名刺が取り入れられており、第一印象で他の人と大きな差を付けることができます。

 

4,000種類以上のデザインからお好きなものを選択できますし、250枚で4,480円と格安の価格で提供されているので、是非Vistaprint(ビスタプリント)で二つ折り名刺を作ってみてください。

 

>>> Vistaprint(ビスタプリント)の詳細はこちら

 

さて、どの業者に二つ折り名刺の作成を依頼したとしても、通常の名刺と比べて高い料金を支払わなければなりません。

 

特殊な加工を施すのと同じように、二つ折りの名刺も通常の印刷のようにはいかないということで、コストが高くなるのは仕方がないと言えます。

 

それでも、名刺交換の際に自分の名前を覚えてもらえる確率は明らかに高くなるはずですし、そこからビジネスへと発展することは十分にあり得るのです。

 

全部で4ページ分のスペースがあれば、相手に与えるインパクトも4倍ということで、二つ折りデザインの名刺を作成するのは一つの選択肢なのではないでしょうか。

 

自宅で無料ソフトを使用し、二つ折りデザインの名刺を作るのは少々困難でも、印刷業者であれば綺麗な名刺を作ってくれるので、上記でご紹介したVistaprint(ビスタプリント)を利用してみるべきです。


「名刺デザインの方法」に関するページ