名刺デザインと英語について

名刺デザインに当たって、英語表記した方が良いのかという疑問を抱えている方がいらっしゃいます。

 

両面の名刺をデザインする場合、表面に日本語表記で名前や住所といった内容を記載し、裏面に表面と同じ内容を英語で表記するという使い方が流行っているのです。

 

確かに、グローバルな企業に勤めている方で外国人の方と名刺交換をする頻度が多いのであれば、裏面に英語表記のデザインを組み込んだ方が好感度をアップさせられるかもしれません。

 

しかし、外国人と名刺交換をする機会が一切ないのならば英語表記は必要ありませんし、裏面が無駄になるだけではなくコストも大きくなります。

 

業者に依頼して名刺デザインを行う場合、片面印刷よりも両面印刷の方が高い費用がかかるため、時と場合によって英語表記するか考えた方が良いというわけです。

 

そこで、英語で名刺デザインをするに当たって、住所と電話番号の表記には注意が必要となります。

 

日本語とは違って住所を英語で記載する場合は狭い範囲から広い範囲の順であらわすという特徴があり、「〒000−0000東京都○○区△△1丁目11−1」という住所であれば、「1−11−1,△△,○○ku,Tokyo,000−0000,JAPAN」と記載するのです。

 

電話番号は日本語の表記と同じでも構いませんが、相手が海外から自分の番号にかけてくることを想定するのであれば、日本の国番号である「81」を最初に記載し、その後に市外局番に付いている「0」を省いて英語表記します。

 

このように、名刺デザインで英語表記を考えている方は、日本語をただ英語にすれば良いわけではないと頭に入れておいた方が良いでしょう。

 

また、会社名の表記は英国式で「○○○Co.,Ltd.」、米国式で「○○○Inc.」や「○○○Corp.」となっており、肩書きも以下のようになっております。

 

  • 最高経営責任者・・・CEO (Chief Executive Officer)
  • 会長・・・Chairperson
  • 副会長・・・Deputy Chair
  • 社長・・・President
  • 副社長・・・VicePresident
  • 代表取締役・・・RepresentativeDirector
  • 専務取締役・・・Executive Director
  • 役員・取締役・・・Director
  • 部長・・・Department Manager
  • 課長・・・Section Chief
  • 係長・・・Manager
  • 主任・・・Assistant Manager

 

その国によって日本でも役職の表記が海外では違って解釈されるケースがありますし、言葉の使い方や意味合いが地域によって異なる場合もあるので、上記の肩書きはあくまで参考程度に留めておいてください。

 

 

>>>Vistaprint(ビスタプリント)で名刺を作成したい方はコチラ


「名刺デザインの方法」に関するページ