名刺デザインとカットについて

名刺デザインに当たって印刷した後のカットはかなり大事で、見た目のイメージアップに大きく左右します。

 

どんなに奇抜なデザインで勝負した名刺を作成したとしても、カットが不適切で凸凹な名刺になってしまっては相手に良い印象を与えることはできないのです。

 

自宅で名刺を作成しているという方は、カットの方法で悩んでしまうかもしれません。

 

確かに、プリンタを使って名刺の印刷を行ったとしても、文房具店で販売されているようなカッターナイフでは綺麗に仕上げるのは非常に難しくなっております。

 

名刺で使用する素材は基本的に分厚く、カッターナイフでカットすると微妙にズレるかもしれないので、電動名刺カッターや裁断機といった専用の機械を使用するようにしましょう。

 

電動名刺カッターや裁断機を使用すれば不細工な印象になることはありませんし、自宅で作成する場合は好きな時に好きな枚数だけ手に入れることができます。

 

しかし、プリンタもカットする道具も何も持っていないのであれば、全てを集めるよりも名刺の印刷業者を利用した方が圧倒的に安上がりで済むはずです。

 

当サイトでご紹介しているVistaprint(ビスタプリント)では無料で名刺デザインを行うことができ、印刷も100枚で990円と非常に安くなっております。

 

豊富なテンプレートの中から選んでお好みの1枚を作成することができるので、皆さんもVistaprint(ビスタプリント)で依頼してみてください。

 

>>> Vistaprint(ビスタプリント)の詳細はこちら

 

さて、名刺を作成している業者の中には、高性能超高速レーザーを使ってカットしているところがあります。

 

型抜きにはできないような精細なデザインの名刺でも、高性能超高速レーザーであれば簡単にカットできるという特徴があるのです。

 

専門的な業者であればカットの方式によって仕上がりが大きく左右するというケースは少ないかもしれませんが、名刺の細かい部分にも着目して作成するのであれば、高性能超高速レーザーを使用している業者を選ぶのが良いかもしれません。

 

もちろん、どのような方式のカットが採用されていたとしても、自宅で作成するよりもクオリティの高い名刺を依頼することができます。

 

観賞用として名刺を作成するのではなく、相手に渡して自分を知ってもらうためのアイテムなので、多少のコストをかけたとしても損をすることはないはずです。


「名刺デザインの方法」に関するページ