名刺デザインの方法について

自分の名刺やショップカードなどを手作りで作成したいと考えている方は意外と多く、コストの削減に繋がります。

 

パソコンとプリンタさえあれば自宅で名刺を作成することができ、デザインの方法もそこまで難しいというわけではありません。

 

名刺デザインの簡単な方法としてはパソコンの中に入っているワードを活用し、名刺の中に入れたい名前や住所、会社名や電話番号といった個人情報をお好きなフォントで入力していきます。

 

この際に、強調したい名前は大きいサイズの文字を使用し、他の項目を小さいサイズの文字で配置していけばより見やすい名刺が出来上がるはずです。

 

ただ文字を入力した名刺ですと殺風景なイメージを与えてしまうため、必要に応じて顔写真を入れたり会社のロゴマークを余白に入れたりすればインパクトを与えることができます。

 

インターネットでフリー素材を探せばお気に入りのイラストが見つかるはずですし、たったこれだけの方法で名刺のデザインができ、後はプリンタを使用して印刷するだけです。

 

ただし、綺麗な名刺に仕上げるためには電動カッターを使ってカットしなければならず、その費用を考慮するのであれば業者に依頼するのが良いのではないでしょうか。

 

当サイトでご紹介しているVistaprint(ビスタプリント)では、様々なデザインのテンプレートが用意されております。

 

オンライン上でデザインを自分なりにアレンジできますし、100枚で990円という価格が魅力的なので、是非Vistaprint(ビスタプリント)に依頼してみてください。

 

>>> Vistaprint(ビスタプリント)の詳細はこちら

 

さて、上記では簡単に自分で名刺デザインを行う方法について記載しましたが、業者を利用した方が自分のイメージに合う名刺を作成することができます。

 

しかも、既存のテンプレートの中に個人情報を盛り込んでいくだけなので、納期までの時間を考慮しないのであれば圧倒的にスムーズに名刺を手に入れられるというわけです。

 

また、オリジナルの名刺が欲しいのであれば、クラウドワークスといった日本最大級の名刺デザイン依頼サイトを利用するのも方法の一つかもしれません。

 

会員登録0円、発注手数料0円で名刺コンペが利用でき、予算2万円で30種類以上もの提案が集まり、会社に合ったフォントやレイアウトの名刺を作れるのです。

 

法人で利用するのが一般的なので個人で利用している方は少ないかもしれませんが、全国のデザイナーが依頼内容に合わせてオリジナルデザインをゼロから作ってくれるところが大きなメリットとなっております。

 

「いい名刺を作りたいけれど予算が少ない」と悩んでいる方は、是非一度クラウドワークスを利用してみてください。


「名刺デザインの方法」に関するページ