名刺作成の費用について

「名刺作成の費用はどのくらいなの」「どのくらいの料金を支払えば名刺を作成してくれるの」という疑問を抱えている方はいらっしゃいます。

 

確かに、社会人になれば誰でも名刺を持たなければなりませんし、個人事業主の場合は会社で用意してくれることがないので、自分で入手しなければならないのです。

 

名刺の作成にかかる費用は業者によって異なるため一概には言えないものの、そこまで高い料金を支払う必要はありません。

 

通常デザインを一から起こすという場合、デザインの外注にかかる費用と印刷費用の両方を支払わなければならないため、合計すると意外と高くなる可能性があります。

 

しかし、オンラインの印刷屋さんを利用して元々のテンプレートを利用するのであれば、印刷費用を支払うだけで良いので安上がりで済むというわけです。

 

どの業者でも取り入れられているテンプレートの数は実に豊富ですし、余白部分に自分の写真といったイラストを入れることもできるので、安い費用でオリジナルの名刺を作成できます。

 

当サイトでご紹介しているVistaprint(ビスタプリント)の場合、100枚で990円、200枚で1,490円、300枚で1,990円、400枚で2,490円、500枚で2,990円と非常に格安の費用となっているのです。

 

両面光沢仕上げやオフ・ホワイト・マットといった特殊加工を施す場合は追加費用を支払わなければならないものの、どの業者と比較しても安いのではないでしょうか。

 

1,000枚を超えるような大ロットの注文も承っておりますし、枚数が多ければ多いほど1枚当たりの費用は安くなるので、是非Vistaprint(ビスタプリント)を利用してみてください。

 

>>> Vistaprint(ビスタプリント)の詳細はこちら

 

さて、既にプリンタを持っている方であれば、イラストレータやフォトショップといったソフトを利用して名刺を作成し、自宅で印刷をすれば費用を安上がりで済ませることができます。

 

印刷費用を支払う必要はありませんし、用紙代を支払えば良いだけなので、最も安い費用で名刺を作成できる方法だということはお分かり頂けるはずです。

 

ただし、あまりにも安い費用で仕上げようとして、質の低い用紙を使って印刷を行うとペラペラの名刺が出来上がってしまうので注意しなければなりません。

 

ビジネスで使用する名刺を作成する場合は用紙の種類が大事ですし、値段には差が出てきますがある程度しっかりとしたものを購入した方が良いのです。

 

業者に依頼する場合、「○○○円から作成可能」と記載されていても、両面印刷や特殊加工を行えばそれだけ費用は増すので注文する前に念のために見積もりをしてもらいましょう。


「名刺作成の費用」に関するページ