名刺作成とフォトショップについて

Photoshop(フォトショップ)とは、アドビ社から販売されているソフトウェアで、写真を加工する際に欠かせないものとなっております。

 

元々は写真だけを加工するためのソフトだったのですが、バージョンアップされる度に様々な機能が付け加えられ、現在ではCG(コンピューターグラフィック)や名刺の作成にも利用されているのです。

 

実際に、Photoshop(フォトショップ)を使って名刺を作成している方は多く、無料でダウンロードできる点が最もありがたいかもしれません。

 

オリジナルの名刺を作成したいという際に重宝するソフトですし、使い方に関してはそこまで難しいわけではないので、利用するのは選択肢の一つとなっております。

 

もちろん、名刺印刷業者ではデータ入稿のサービスが実施されていることが多いため、Photoshop(フォトショップ)で作成した名刺を業者に入稿し、印刷だけ依頼するのも方法の一つです。

 

自宅にプリンタがないという方は印刷ができませんし、名刺の作成のためだけに購入するのは勿体無いので、印刷業者に任せた方が良いのではないでしょうか。

 

このページでは、簡単にPhotoshop(フォトショップ)で名刺を作成する方法をご紹介していくので、実際にデザインしてみてください。

 

Photoshop(フォトショップ)で新規ファイルを作成する。

描画色と背景色を設定して円形グラデーションの設定を行う。

長方形ツールでボックスを作った後はぼかしを選択して境界線のサイズを決める。

シャドウのボックスをコピーしてお好みのデザインを入れる。

会社名や名前といった欠かせない事項を大きめのフォントで入力していく。

カードの裏側の背景色を設定した後に記載したい内容を入力する。

文字の配置が終わればオリジナルの名刺の作成が完了。

 

Photoshop(フォトショップ)で作れるデザインには限界があるかもしれませんが、オプション加工を知れば知るほどオリジナリティの高い名刺を作成することができます。

 

仕上がり線を作成したり余白部分に画像を取り入れたりすればインパクトの強い名刺が出来上がりますし、表面を上手く装飾できるようになれば業者のテンプレートのような名刺を作ることもできるのです。

 

アドビ社のPhotoshop(フォトショップ)は非常に使い勝手が良いということで、このソフトで名刺を作成した後に当サイトでご紹介しているVistaprint(ビスタプリント)での印刷をおすすめします。

 

990円という格安の料金で100枚の名刺を作成してくれますし、現在のキャンペーンは長い期間に渡って実施されているので、データ入稿をして自分だけの名刺を作ってみてください。

 

>>> Vistaprint(ビスタプリント)の詳細はこちら

 


「名刺作成の業者」に関するページ