名刺作成と入稿について

後悔しない名刺を作成してビジネスで使用していきたいという方は、ご自身でデザインをして業者にデータ入稿を行い、印刷してもらうのが良いかもしれません。

 

Adobe IllustratorやAdobe Photoshopといったソフトで名刺を作成することができ、業者に完全なデータを入稿することで綺麗な名刺を印刷してもらうことができます。

 

「自分でソフトを使って名刺を作成したのであればそのまま印刷すれば良いのではないか」と考えている方はいらっしゃるはずです。

 

しかし、プリンタを持っていないのであれば名刺作成のためにわざわざ購入するのは勿体無いですし、用紙を購入して自宅で印刷するよりも業者を利用した方が圧倒的に綺麗な仕上がりになります。

 

基本的には、「自宅で名刺の作成を行う」→「作成されたデータをフォルダにまとめて圧縮する」→「注文を確定させた後に入稿可能」→「自宅に名刺が届けられる」という流れです。

 

データ入稿の際は余白をしっかりと設定したり、解像度を300dpi以上に設定しなければならなかったりと、面倒だと感じる方はいらっしゃるのではないでしょうか。

 

それでも完全にオリジナルの名刺を作成したいのであれば、印刷だけを業者に依頼するという方法が一番なのです。

 

当サイトでご紹介しているVistaprint(ビスタプリント)でもデータ入稿は可能で、「Adobe Acrobat 9」や「Adobe Photoshop」、「Microsoft PowerPoint」といったソフトに対応しております。

 

どのようなファイルを入稿して名刺の作成ができるのか知るためにも、一度Vistaprint(ビスタプリント)の公式サイトにアクセスしてみてください。

 

>>> Vistaprint(ビスタプリント)の詳細はこちら

 

さて、データ入稿さえ行えば基本的にどの業者を利用しても、オリジナルの名刺を作成することができます。

 

ワードやエクセルといったパソコンであれば絶対に入っているソフトを利用して作成することも可能で、自宅にプリンタがないという方は印刷業者を利用した方が良いのです。

 

その他の用途で使用する機会があるのならばまだしも、名刺の作成だけでプリンタ本体を購入するのは少々勿体無いかもしれません。

 

「価格.com」といったサイトを閲覧してみると、現在では15,000円といった安い料金でプリンタを購入することができます。

 

しかし、15,000円もあれば業者に名刺の作成を依頼しても1,000枚以上は余裕で印刷してもらうことができるので、わざわざ購入する必要がないということがお分かり頂けるはずです。

 

データ入稿に関しては業者によって使用できるファイルや方法が異なるかもしれないので、公式サイトを見てみたりカスタマーサポートにアクセスしたりしてみてください。


「名刺作成の業者」に関するページ