名刺は店頭販売されているの?

名刺は店頭販売されているの?

名刺自体は店頭販売されているわけではないので、業者を利用して印刷してもらうか自宅で作成してプリントアウトするかの2種類の方法があります。

 

そもそも、名刺は個人情報を記載しているツールの一つなので、店頭販売で手軽に手に入れられるものではないことはお分かり頂けるはずです。

 

しかし、自宅で無料ソフトを活用して名刺を作成することは十分に可能で、印刷に必要な名刺用紙は店頭販売されております。

 

名刺のデザインやデータがあったとしても、それを印刷できなければ名刺を作成できませんし、通常のコピー用紙では薄すぎるので専用の用紙を購入しなければなりません。

 

名刺カードの用紙は通販で販売されており、A-one(エーワン)の製品が人気を得ております。

 

とは言え、通販で注文して自宅に届けられるまでにはある程度の期間がかかるので、今直ぐに欲しいという方は家電量販店や大きな文房具屋さんで店頭販売されているので訪れてみるべきです。

 

ホームセンターといった場所でも販売されているかもしれないので、足を運んでみるのが良いのではないでしょうか。

 

初めて名刺を自宅で印刷する場合、用紙とお使いのプリンタの相性が悪く、紙質の感触が予想と異なっていたというトラブルが引き起こされる可能性があります。

 

そのため、ビジネスで使用する名刺を手に入れたいのであれば、店頭販売で用紙を手に入れるのではなくVistaprint(ビスタプリント)といった印刷業者を利用するべきです。

 

専門の業者に依頼すれば綺麗に印刷してくれるはずですし、Vistaprint(ビスタプリント)では両面光沢仕上げといった特殊な加工も可能なので、是非一度利用してみてください。

 

>>> Vistaprint(ビスタプリント)の詳細はこちら

 

さて、店頭販売されている用紙を購入して名刺を印刷する場合は、お手持ちのプリンタの種類に合わせて用紙を変えなければなりません。

 

印字媒体に対して直接吹きかけるインクジェットプリンタと、レーザーを感光に利用する機械のレーザープリンタとでは適した用紙は異なるのです。

 

「上手く名刺を印刷できない」「綺麗な仕上がりにならない」と感じた方は、用紙とお使いのプリンタの相性が悪い可能性が非常に高くなっております。

 

用紙を店頭販売で購入する場合、「インクジェットプリンタにおすすめ」「レーザープリンタにおすすめ」と記載されているはずなので、事前にお使いの機械の種類を把握しておくべきです。


「名刺作成のFAQ」に関するページ