名刺のデザインだけではなく礼儀も必要なの?

名刺のデザインだけではなく礼儀も必要なの?

名刺を作成するに当たり、どのようなデザインにしようか迷っているビジネスマンはたくさんいらっしゃいます。

 

確かに、デザイン一つで名刺を渡した時に相手が受ける印象は大きく異なりますし、自分の顔と名前を覚えてもらうためにインパクトを強める工夫は大事です。

 

しかし、どんなに奇抜なデザインで印象的だったとしても、名刺を渡す際の礼儀が間違っていては意味がありません。

 

「この人は常識がないから一緒にビジネスをするのは心配」「礼儀やマナーがなっていないのはちょっと・・・」と相手に抱かれてしまいます。

 

それでは自分の好感度をアップさせることはできないため、名刺のデザインだけではなく礼儀も同時に学ばなければならないのです。

 

サラリーマンならば会社に入ってから名刺を渡したり受け取ったりする際のマナーについて、上司から説明を受けます。

 

その点、個人事業主やフリーランスの方は自分から積極的に学ばなければならず、以下では名刺交換の際の要点をまとめてみたので、間違った覚え方をしていないかどうか確認してみてください。

 

 

・相手の会社や名前の部分に指を置かずに受け取る

・カバンから名刺を出すのではなく専用のケースから取り出す

・名刺を切らさないように事前に枚数をチェックしておく

・相手がいる前で名刺の中に文字を書き込まない

・相手の大事な名刺を曲げたり触ったりしない

・相手が仕舞うまで名刺は出しておき、机の上などに置く

・立ったまま資料や書類を取り出さなければならない時は、相手に断りを入れてから仕舞う

・目上の人よりも先に名刺を受け取るのではなく自分から差し出す

・相手が差し出した高さよりも低い位置で差し出す

・汚れたり折れ曲がったりしていない綺麗な名刺を渡す

・相手が読める向きで名刺を差し出す

・座ったままではなく立って名刺交換を行う

・名刺を渡す際は目や口を中心に相手の顔全体を見る

 

 

上記のように、注意しておかなければならない礼儀は意外と多く、ビジネスマンならば当然のように把握しておくべきです。

 

礼儀一つできない人と一緒にビジネスがしたいとは考えませんし、良い印象を相手に与えるためにも最低限のマナーは心得ておく必要があります。

 

自分のイメージに合ったデザインの名刺を作成したいのならば、当サイトでご紹介しているVistaprint(ビスタプリント)の利用がおすすめです。

 

名刺印刷業者の中でも高い評判を得ており、100枚の名刺が990円で作成できる点が最大の魅力なので、Vistaprint(ビスタプリント)の公式サイトで詳細を確認してみてください。

 

>>> Vistaprint(ビスタプリント)の詳細はこちら

 


「名刺作成のFAQ」に関するページ