マシンで名刺の作成はできる?

マシンで名刺の作成はできるの?

「マシンで名刺の作成はできるの?」という疑問を抱えている方は多く、実は可能となっております。

 

マシンと言って良いのか微妙なのですが、現在では名刺の自動販売機が全国の各所に設置されるようになりました。

 

日本は自動販売機の先進国だと言われており、ジュースやお菓子、プロアクティブといった有名な化粧品も販売されております。

 

プリクラや証明写真の自動販売機に比べると名刺のマシンはまだまだ数が少ないものの、これから名刺作成のスタンダードな方法になる可能性は十分にあるのです。

 

駅の片隅にひっそりと名刺作成マシンが設置されていることも意外と多く、数種類のデザインやテンプレートの中から好きなものをタッチパネル形式で選択し、画面の案内に従って個人情報を入力していくだけとなっております。

 

専門の業者に依頼して印刷してもらった名刺と比較すれば見劣りしますが、デザインはそこまで悪くないと評判ですし、名刺を切らしてしまったビジネスマンの方の大きな助けとなるのではないでしょうか。

 

初心者でも行える簡単な操作で自動販売機を使って名刺を印刷できますし、かかる費用の相場は1回8枚400円ということで、その日を乗り切るだけであれば十分です。

 

とは言え、基本的には即席の名刺ということでデザインは至ってシンプルですし、毎回自動販売機で名刺を作成するのは無駄なので当サイトでご紹介しているVistaprint(ビスタプリント)をおすすめします。

 

Vistaprint(ビスタプリント)で作成する名刺は100枚で990円と圧倒的に安い価格が採用されているので、詳細を確かめるために公式サイトにアクセスしてみてください。

 

>>> Vistaprint(ビスタプリント)の詳細はこちら

 

さて、名刺の自動販売機は東京駅や上野駅、池袋駅や大宮駅といったように大きな駅に設置されているケースが多く、インターネットで検索すればどこに設置されているのか確認できます。

 

多くの方に需要があるわけではないため、既に撤去されてしまったというケースはあるかもしれません。

 

しかし、名刺を気軽に作成できるマシンが色々な場所にあればビジネスマンは確実に助かるはずですし、気を配っていても名刺を切らしてしまうという状況は十分に考えられるのです。

 

そのような時に、短時間で即席の名刺を作成できるのはありがたいことだと説明できます。とは言え、名刺自動販売機の設置は急速に進んでおらず、その理由は印刷台紙の紙詰まりといったメンテナンスが大変だからです。

 

これからどのように進展していくのか予想できないものの、ビジネスマンであればいざという時にマシンが設置している場所をある程度把握しておいた方が良いかもしれません。


「名刺作成のFAQ」に関するページ