名刺を使う頻度はどのくらいなの?

名刺を使う頻度はどのくらいなの?

日々営業しているビジネスマンならば、「名刺を使う頻度はどのくらいなの?」「名刺を業者に発注する頻度はどのくらいなの?」という疑問を抱えているはずです。

 

サラリーマンにとって欠かせないアイテムが名刺で、とあるサイトでは名刺探しに1年間で約20時間を費やしていると記載されておりました。

 

確かに、名刺の出来栄えによって第一印象が変わるケースは少なくありませんし、「どのような名刺を作成すれば良いのか?」「どんなデザインが自分に合っているのか?」と悩むのは当然です。

 

また、「貰った名刺は何枚くらい?」というアンケートに対して、20代の平均は1,000枚、50代の平均は2,300枚という結果が出ました。

 

これだけの数の名刺を貰うということは、それだけ自分も相手に名刺を渡さなければならないので、頻度は非常に多いことがお分かり頂けるはずです。

 

業種によっては1ヶ月で100枚の名刺を消費することもありますし、自宅で毎回のように印刷するのは面倒かもしれません。

 

そこで、当サイトでご紹介しているVistaprint(ビスタプリント)のように、名刺の作成と印刷の両方を承ってくれる業者の利用をおすすめします。

 

専門業者に依頼すれば面倒な作業を行う必要はなく、インターネット上で手続きを済ませれば良いのです。

 

それに、Vistaprint(ビスタプリント)ならば、4,000種類を超える豊富なテンプレートの中からデザインを選択できます。

 

名刺交換の頻度が多いという人は、Vistaprint(ビスタプリント)を利用して自分のイメージに合った名刺を作製してみてください。

 

>>> Vistaprint(ビスタプリント)の詳細はこちら

 

さて、当然のように名刺交換の頻度が多いというビジネスパーソンは、業者に発注する頻度もそれなりに多くなります。

 

自宅でオリジナルの名刺を作成するにしても、用紙を通販や量販店で仕入れなければならない点では一緒です。

 

会社員の場合は会社があらかじめ決まったデザインの名刺を用意してくれるかもしれませんが、個人事業主やフリーランスではそうはいきません。

 

自分で何かしらの形で名刺を作成しなければならず、その方法の一つが上記でご紹介した専門業者のVistaprint(ビスタプリント)です。

 

「100枚ずつ」「200枚ずつ」「1,000枚ずつ」など、個人の要望に合わせて大量の名刺の作成や印刷を依頼することもできます。

 

名刺の見た目のイメージをアップするために、両面光沢加工なども用意されているので、Vistaprint(ビスタプリント)の公式サイトで詳細を確かめてみてください。


「名刺作成のFAQ」に関するページ