名刺デザインのサイズについて

名刺デザインを行う上でサイズを考慮するのは非常に重要なポイントで、日本では55mm×91mmの4号が基本となっております。

 

欧米の名刺のサイズは51mm×89mmが基本となっており、日本と海外では大きな違いが生じているのです。

 

ビジネスの場で使われるほとんどの名刺はこのサイズに則っておりますし、デザインの仕方は自由でも大きさにはあらかじめ決められた暗黙のルールがあります。

 

とは言え、絶対に55mm×91mmに従わなければならないわけではなく、61mm×100mmの5号や70mm×116mmの6号、76mm×121mmの7号といったサイズの名刺を使っている方はいらっしゃるのです。

 

現在では少ないものの、以前は女性用の名刺として、49mm×85mmの角丸版が用いられておりました。

 

このように、どの種類の名刺を使ったとしてもルール違反というわけではありませんが、55mm×91mmが日本のビジネス界では基本となっておりますし、このサイズに合わせて名刺入れも作られております。

 

相手の名刺入れにおさまらないような名刺を渡したら確実に困った顔をしてしまうため、自分で印刷する場合も業者に依頼する場合も55mm×91mmで作成するようにしましょう。

 

当サイトでご紹介しているVistaprint(ビスタプリント)でもこの基本的な名刺サイズに則っており、記載内容は自由にカスタマイズできます。

 

仕上がりの品質が非常に高いということで有名ですし、格安の費用でビジネスで使う名刺が作成できるので、是非Vistaprint(ビスタプリント)を利用してみてください。

 

>>> Vistaprint(ビスタプリント)の詳細はこちら

 

さて、名刺デザインは全体のサイズだけではなく、文字のサイズも考慮しなければなりません。

 

あまりにも小さければ相手は見にくいと感じてしまうはずですし、逆に大きすぎると今度は記載する情報量が限られてしまいます。

 

つまり、適度なサイズの文字を使って名前や電話番号といった相手に伝えたい内容を記載し、バランスの取れたデザインの名刺を作成しなければならないのです。

 

全ての文字のサイズを統一するのではなく、記載する内容によってフォントサイズを変えるのは名刺デザインの上で基本となっております。

 

最も相手に伝えたい自分の名前が小さく、住所や会社名といった二の次で良い項目の文字のサイズが大きければ、相手は絶対に違和感を感じてしまうはずです。

 

そのため、名刺を作成し始める前に記載内容をピックアップし、幾つかにグループ分けしてどのサイズを使用するのがベストなのか考えてみてください。


「名刺デザインの注意点」に関するページ