名刺デザインのルールについて

このページでは、名刺デザインをするに当たって把握しておかなければならないルールについて、詳しく説明していきます。

 

名刺の作り方は個人の自由ですし厳格なルールが設定されているわけではありませんが、作成した名刺によっては会社や自分の評判を落としかねないのです。

 

そこで、最低限必要なルールをご紹介しているので、名刺デザインを行う際の参考にしてみてください。


記載する内容をグループ化する

名刺の中に記載する内容をグループ化しておくのは、デザインしていく上で最低限知っておかなければならないルールの一つとなっております。

 

いきなり名刺を作成し始めるのではなく、情報をグループ化してまとめることで読み手に素早く伝わるような名刺が出来上がるのです。

 

「自分の全てを相手に伝えたい」ということで文字を羅列し過ぎると、結果的に読みにくくなって相手に不快感を与えてしまいます。

 

空白のスペースができることに対して恐怖を感じるような名刺デザインの初心者の方はいらっしゃいますが、視線を上手く誘導させるためにもある程度の余白は取っておかなければならないのです。

 

適度な余白を設定していれば文字を敷き詰めた時よりも確実に見やすい名刺になるので、文字間の調節も行っていかなければなりません。

 

また、業者に名刺の作成を依頼する場合も、裁断によって文字が切れるのを防ぐために、ラインギリギリまで文字を詰めるのではなく内側3mm〜5mm程度の余白を設定しておくべきです。


フォントサイズを5.5pt以下にしない

文字を小さくしなければ全ての情報を名刺の中に記載できないということで、フォントサイズを5.5pt以下に設定している方はいらっしゃいます。

 

フォントが小さい方が綺麗に見えるとも言われておりますが、あまりにも小さすぎると文字を濃くしても読みにくくなるのです。

 

自分では5.5pt以下でも読めたとしても、中高年の方にとっては見えにくくなる可能性があるため、ある程度の大きさのフォントサイズを使って名刺デザインを行った方が良いでしょう。

 

もちろん、全ての文字を大きくすれば万事解決というわけではなく、「自分の名前は比較的大きめに」「住所や電話番号は比較的小さめに」という暗黙のルールがあるので注意が必要です。


ラインを整える

名刺に記載する文字のラインがめちゃくちゃなど読みにくくなってしまうため、ラインを整える必要性があります。

 

具体的には「左揃え」「右揃え」「中央揃え」という感じで、ラインに統一感を持たせることが意外と重要な要素の一つなのです。

 

グリッド線が名刺の中に入っていないとしても、ラインを整えていればそれだけでスッキリとした印象を与えられますし、清潔感のあるイメージを植えつけることができます。


一貫性をもたせる

「インパクトを与えたい」「相手に覚えてもらいたい」ということで、カラフルな柄を取り入れたデザインの名刺をビジネスで使用している方はいらっしゃいます。

 

個人の業種によっては色鮮やかなデザインにした方が良い場合もありますが、基本的にビジネスマンであれば一貫性をもたせた名刺の方が好まれやすいのです。

 

ファッションで例えて、メガネが赤なのにベルトが青といったように統一感がないと、見た目的に不自然な印象を相手に与えてしまいます。

 

それに、カラフルにすれば目がチカチカして見にくくなる可能性も十分にあるので、「モノクロで統一する」「会社のイメージカラーで統一する」というように、一貫性をもたせるようにしましょう。

 

また、メリハリのあるデザインにするためにも、上手にコントラストを取り入れるのも選択肢の一つです。

 

 

 

上記のようなルールに従って名刺をデザインし作成していれば、今よりも更に好感度をアップできるはずです。

 

当サイトでご紹介しているVistaprint(ビスタプリント)では自由にテンプレートを選び、名刺の中に記載する内容も編集できるようになっております。

 

自分好みの名刺を仕上げることができますし、何よりも100枚で990円という格安の料金が魅力的なので、是非Vistaprint(ビスタプリント)を利用してみてください。

 

>>> Vistaprint(ビスタプリント)の詳細はこちら

 


「名刺デザインの注意点」に関するページ