名刺デザインと名前について

これは当たり前のことなのでいちいち説明する必要はないかもしれませんが、名刺デザインにおいて名前を記載するのは基本となっております。

 

自分の名前の記載がないような名刺は存在しませんし、貰った側も誰なのか判断できなくなるはずです。

 

それに、名前が名刺交換の際に最も重要な項目だと言えるので、名刺に記載する際には文字サイズを大きくする必要があります。

 

入力する内容もそうですが名刺のデザインには文字の大きさも考慮しなければならず、住所や電話番号といった二の次の情報は文字を小さめに記載した方が良いでしょう。

 

全ての文字を大きくすると55mm×91mmのサイズの中におさまらなくなり、書き込める情報量が少なくなってしまうので、フォントサイズを上手く使い分けるのがポイントとなっております。

 

その対比に関しては特に決まりがなく、小さければ穏やかで落ち着いた印象を相手に与えられるはずですし、大きければ勢いや力強さをアピールできるはずです。

 

自分が名刺を渡した人に何を伝えたいのかゆっくりと考え、その上でデザインを考えていかなければなりません。

 

当サイトでご紹介しているVistaprint(ビスタプリント)ではオンライン上で名刺の作成が可能で、文字の大きさや配置を自由にカスタマイズすることができます。

 

とても便利な機能ですし、印刷料金は100枚で990円と非常にお得なので是非Vistaprint(ビスタプリント)で注文してみてください。

 

>>> Vistaprint(ビスタプリント)の詳細はこちら

 

さて、名刺の中に記載する名前はインパクトを強めるために太字にした方が良く、その下に記載する住所や会社名、電話番号といった情報は薄めにするべきです。

 

あまりにも薄くしすぎると見にくくなるかもしれないので、適度な濃さでデザインしていく必要があります。

 

そして、パっと見た印象を良くするためにも余白を適度に設け、読みやすいように文字間を空けていれば完璧です。

 

自宅でプリンタを使って印刷するにしても、業者に依頼するにしても仕上がりのイメージを確かめるために一度プリントアウトした方が良いかもしれません。

 

プリンタさえあれば仕上がりのイメージを確認できますし、名刺印刷業者によってはサンプルを無料で配布しているところがあるので、積極的に利用してみるべきです。


「名刺デザインの注意点」に関するページ