名刺デザインとマナーについて

名刺はデザインの作り方に配慮して相手の印象を良くするだけではなく、交換の際のマナーに関してもビジネスマンであればきちんと心得ておく必要があります。

 

名刺交換はただ取り交わせば良いという単純な話ではなく、渡し方や受け取り方にもマナーがあるのです。

 

そのマナーをきちんと守れていなければ、どんなにデザインが良くてイメージの良い名刺を作成していたとしても何の意味もありません。

 

普通の会社であれば研修の際に名刺交換の基本を教えてくれるはずですし、そこでマナーについての理解を深めることができます。

 

そして、仕事をしていく上で名刺交換を行う頻度は多くなるはずですし、自然と身体にしみこんでいくので入社からしばらく経てば、「今更名刺交換のマナーを覚える必要はない」と考えるはずです。

 

しかし、実はその安心が命取りで意外と忘れがちなマナーは多いですし、正しい方法で名刺交換ができているかどうかは第一印象に大きく影響するため、名刺のデザインよりも余程重要だと言えるのではないでしょうか。

 

そこで、このページでは簡単に名刺交換のマナーを説明しているので、見落としている点がないかどうか確認してみてください。

 

名刺を差し出す時のマナー

 

  • 名刺交換は最初に目下の者から差し出し、その後に目上の者が受け取って自分の名刺を出す。
  • 新ビジネスマンは相手に関わらず自分から名刺を差し出すように心掛ける。
  • 名刺を出し遅れても慌てずに、「お先に頂戴して申し訳ありません」と受け取ってから自分の名刺を出す。
  • 相手が差し出した名刺の高さよりも低い位置で差し出す。
  • ポケットやお財布から直接名刺を出して相手に差し出してはならない。
  • 座って相手を待っている場合でも名刺交換の際は立ち上がって差し出す。
  • ただ自分の名刺を相手に渡すだけではなく、社名や名前をはっきりと口に出して伝える。
  • 複数の人間と名刺交換を行う場合は役職が上の者から順に渡し、2対2の場合は近くの人から順番に渡すなど臨機応変に立ち回る。

 

名刺を受け取る時のマナー

 

  • 相手が差し出した名刺の高さよりも低い位置で受け取るように心掛ける。
  • 名刺を受け取る時に会社のロゴや名前の上に指を置かないように余白部分を持つようにする。
  • 貰った名刺は本人と変わりない存在なので、無造作に受け取ったり雑に扱ったりしない。
  • 相手の社名や名前をろくに見ずにしまってはいけない。
  • 受け取ったら丁寧に目を通して読みにくい名前の場合は、その場で尋ねる。
  • 受け取った名刺にメモなどを絶対に書き込んではならない。
  • 受け取った名刺は直ぐに仕舞わずに名刺入れの上に丁寧に乗せてテーブルに置いておく。
  • 頂いた名刺は自分から見て左側に並べておく。

 

このように、名刺を渡したり受け取ったりするだけでもたくさんのマナーがあり、ビジネスマンであれば仕事を覚えていく上で、名刺交換のマナーも少しずつ身に付けていかなければならないのです。

 

名刺のデザインが良くても中身が伴っていなければ全く意味がありませんし、マナーがなっていないだけで取り引きがお流れになるというケースも少なからずあるかもしれません。

 

上記以外の項目でも、「相手の分身である名刺を汚してはいけない」「相手の名刺を触り続けてはいけない」「相手の名刺の上に書類を置いてはいけない」「訪問先に名刺を置き忘れてはいけない」というタブーがあります。

 

最後の訪問先に名刺を置き忘れるのは論外で、ぞんざいに扱われているのではないかと相手は受け取るため、商談が終わった後にきちんと自分の名刺入れの中にしまわなければならないのです。

 

打ち合わせや商談が終わった後、相手の名刺を名刺入れの中にずっと入れておくのではなく、きちんと整理して誰と会ったのか忘れてしまったという事態は避けるようにしましょう。

 

現在では名刺管理ツールといったアプリが無料でインストールできるので、そのようなソフトを利用して管理するのは一つの選択肢です。

 

 

>>>Vistaprint(ビスタプリント)で名刺を作成したい方はコチラ


「名刺デザインの注意点」に関するページ