名刺デザインと著作権について

「インターネットで掲載されているもの=全て無料で使える」という方程式は成り立ちません。

 

名刺屋さんや他のサイトで載せているような画像には何かしらの形で著作権が発生しており、そのようなデザインを名刺の作成で勝手に使用してはいけないという決まりになっております。

 

例えば、プライベートの名刺を作成するためにアイキャッチとしてキャラクターのイラストを使いたいと考えている方はいらっしゃいますが、どんなデザインでも既存のキャラクターを使用するのは違法行為に値するのです。

 

アニメなどのキャラクター自体に著作権がなかったとしても、原作や原画にはあるので私的利用の範疇を超える名刺の作成では使用してはいけないことを頭に入れておきましょう。

 

私的利用のためであれば著作権の侵害にはならないものの、ビジネス用名刺でも個人用名刺でも企業や自分をアピールするためのツールなので、私的利用の範疇を超えていると説明できます。

 

模倣やパクリの名刺だと分かれば、どんなにデザインが良くても相手が受ける印象は最悪ですし、法律で禁じられている行為ということで十分に注意しなければならないのです。

 

キャラクターだけではなくインターネットで掲載されているような写真やイラストも全て作成した本人に著作権があるので、無断で使用してはいけないという決まりになっております。

 

名刺をデザインする際にイラストを取り入れたいのであれば、ブログやホームページから勝手に引用するのではなく「フリー素材」と明記されているものを使用するべきです。

 

製作者のクレジット表示が必要なケースもあるので一概には言えないものの、フリー素材を使って名刺をデザインすれば著作権の侵害にはなりません。

 

また、デザイナーに頼んで自分の会社のロゴマークを作成し、それを盗用されたくないのであれば権利を守るための商標登録が適しております。

 

しかし、商標登録は高い資金がかかって直ぐには行えないということで、行政書士事務所で50,000円程度の費用で手続きできる著作権の存在証明がおすすめです。

 

以上のように、インターネットで掲載されているイラストを使用する場合も、自分でデザイナーにイラストの作成をお願いする場合も、著作権には十分な配慮が必要だと説明できます。

 

当サイトでご紹介しているVistaprint(ビスタプリント)でも、当然のように著作権を侵害するようなデザインの名刺は作成できないのであらかじめ心得ておいてください。


「名刺デザインの注意点」に関するページ