名刺デザインの注意点について

このページでは、名刺デザインをする際の注意点について記載しているので、業者に依頼する前に確認しておいてください。


あまり多くの情報量を入れすぎない

名刺にできるスペースが気に喰わないということで、とにかくたくさんの情報を詰め込もうとする方がいらっしゃいます。

 

確かに、個人名だけではなく、住所やメールアドレス、会社名やキャッチコピーなど記載できるコンテンツはたくさんあり、多ければ多いほど魅力的だと考えるかもしれません。

 

しかし、全てを羅列したようなデザインの名刺が魅力的というわけではありませんし、小さなスペースに文字が敷き詰められていては相手は読みにくいはずなので、情報量をある程度抑えるのが注意点の一つとなっております。

 

情報を追加しながらデザインを行っていくと名刺の全体像が上手く把握できなくなるかもしれないので、最初に何を相手に伝えたいのか考えて記載する情報を整理しておくべきです。


適度な余白を残しておく

上記で説明した内容と少々被りますが、名刺の中に適度な余白を残しておくこともデザインしていく上での注意点の一つとなっております。

 

人間は何かを見る際に空間的に形や配置を捉えているという特徴があり、名刺の中に余白が一切なく文字が詰まっていれば見る気が失せてしまうはずです。

 

記載内容が減ってしまったとしても、適度に余白があればスッキリと感じられるので、相手に良い印象を与えられます。

 

また、「名前は大きい文字サイズ」「住所は小さい文字サイズ」というように、文字組みのデザインも考慮しなければならず、書体の種類は2種類に留めておきましょう。

 

明朝体やゴシック体など、色々な書体が混じっている名刺は読みにくいので、ある程度の統一感は持たせなければならないのです。

 

名刺全体の余白ではなく、文字間のスペースも適度に空けることで読みやすい名刺を作成することができます。


濃い色の文字を使用する

同じ文字の大きさでも薄い文字よりも濃い文字の方が読みやすいので、自分の名前といった強調したい部分は特に濃い目の文字を使用する必要があります。

 

「グレーのような落ち着いた色を使った方が好印象を与えられるのでは」と考える方は少なくありません。

 

確かにその通りなのですが、あまりにも薄いと中高年の方は読みにくくなってしまうので、「自分が見やすいから」「自分が気に入っているデザインだから」という独自の判断はできる限り避けるべきです。

 

全ての文字を大きくして読みやすくするのはレイアウト上限界があるので、上手く緩急を付けて見やすい名刺を作れるような努力をしましょう。

 

 

 

上記のような点に注意して名刺デザインを行えば、初対面の人と名刺交換をした際に自分のイメージを良くすることができます。

 

当サイトでご紹介しているVistaprint(ビスタプリント)では、オンライン上で編集作業を行うので、文字の配置や大きさ、記載する項目を自由に変えられるのです。

 

テンプレートが良くても記載する内容に不備があっては意味がないので、Vistaprint(ビスタプリント)を利用する際も十分に注意してください。

 

>>> Vistaprint(ビスタプリント)の詳細はこちら

 


「名刺デザインの注意点」に関するページ